今からでも間に合う。お金の勉強本まとめ

バビロンの大富豪【書評】

とらやぎです。

 

著者:ジョージ・S・クレイソン(翻訳:大島 豊)

 

タイトル:バビロンの大富豪

 

概要

数千年前に栄えていた古代都市「バビロン」は、市民がお金の扱い方を正しく理解しており、その結果、世界で最も裕福だったそうです。この本は、そんな彼らのお金にまつわるエピソードを読みながら、財産の築き方を学んでいくという内容でした。

 

数千年前の人から学ぶってすごいですよね。超絶貧乏な主人公が少しずつ裕福になっていく物語になっていて、楽しみながら読ませて頂きました。

学んだこと

この本は古代都市が舞台なので、小難しい話は出てこなかったです。「給料にもらえる10枚のコインのうち、2枚は手元に残すようにして生活する」など、裕福になるための考え方を単純なかたちで学べました。

 

「こうすれば稼げる!」のようなテクニックの話ではなく、「こう考えれば財産を築くことができるよ」という基本の心構えが多いです。

財産を築くための不滅の原則

「お金の稼ぎ方」「稼いだ金の守り方」「稼いだ金の使い方」の基本。

  • 富を求める
  • 富を増やす法則を学ぶ
  • 稼いだものは、すべてその一部を自分のものとしてとっておく
  • 貯めた金は自分の奴隷となり働いてくれる
  • とにかくまず自分自身に払う
  • 十分の一を先にとっておいても意外と生活には困らない
  • 教えを乞うなら専門家へ
  • とっておいたお金は放置せず、専門家へ預けて利息をもらう
  • 利息も専門家に預ける。まずは金の奴隷達の大群をつくる

富をもたらす黄金の「七つの知恵」

  1. 財布を太らせることから始める→財布に十枚のコインを入れたら九枚しか使わない
  2. 自分の欲求と必要経費を混同しない→気をつけないと収入に合わせて必要経費が大きくなる
  3. 貯めた資金は寝かさずに増やす→「金の流れ」=財産。最後の一銭まで働かせる
  4. 損失から貴重な財産を死守する→元本を確保。専門家に相談し投資対象を絞る
  5. 自分の住まいは有益な投資→古代時代特有。満足に雨風を防げる環境は有益
  6. 将来に備えて所得を用意しておく→自分が死んでも家族が生きていけるように
  7. 明確な目標に向かって能力を高め、よく学び、自尊心を持って行動する

自尊心のある人間が守るべきこと

  • 借金は全力で早く返す
  • 支払い能力を超える買い物はしない
  • 家族の面倒を見て、慕われ、尊敬されるように努力する
  • 遺言書を作る。遺産配分は、みんなの名誉を重んじる形にする
  • 親しい人には思いやりを忘れずに。困っている人には無理のない範囲で援助する

「お金の流れ」が大切。周りも含めて豊かになるように努めること。

幸運の女神が微笑む人間とは

  • チャンスを拒まない人間には、いつでもチャンスがくる
  • チャンスを前にしてできない言い訳する優柔不断な人を、女神は待ってくれない
  • 断固たる決意で迅速に行動すること
  • 幸運を呼び込むには、チャンスを活かすこと

五つの黄金法則とは

この五つを肝に銘じていれば、富の分け前に預かれるだろう

  1. 収入の十分の一を貯める
  2. 貯めたお金を働かせる
  3. お金の扱いに長けた専門家忠告を聞く
  4. 自分の知らない、あるいは専門家が認めない商売への投資は上手くいかない
  5. 膨大な利益や詐欺師の誘い、未熟な欲望に頼る人間からはお金は逃げていく

資金の運用はこうして決める

  • 金貸しに意見を求める
  • 金を預ける時は、貸した金を上手く増やして返してくれる人を慎重に選ぶ
  • 借りたい額よりも価値の多い財産を持つ人に貸す
  • 担保として預かるのも良い
  • 財産も稼ぐ能力も無い人には貸さない
  • 大きな感情の発作にさらされる人は、貸す相手として安全とはいえない
  • 優れた商人、誠実ゆえに信頼できる商人に貸す
  • 分別のある金の借り方なら、成功のためにどんどん借りた方が良い
  • 人を助けたい、援助したいと思うあまり慎重さを欠くと、痛い目にあう
  • 確実な返済の保証がない限り、金を貸すべきではない

「強固な城壁」は人々を恐怖や不安から守ってくれる

バビロンは、周囲を強固な城壁で守っており、人々は安心して暮らしている。

安心なくして我々は生きられない。

「保険」や「貯蓄」、「信頼できる投資」なども”強固な城壁”となり、安心を与えてくれるものである

バビロンの知恵は現代にも通用するか

1934年にバビロンの遺跡から発掘された5枚の粘土板には、一人の男の借金返済記録と、同時に財布を太らせる方法を教えてくれていた

現代に通用するかというと・・・そのままは無理でも考え方は大いに通用する気がします

粘土板にかかれていた多重借金返済の方法

これを続けていれば、借金は返済できて、さらに財産も残る

  • すべての負債をリストにする
  • それを持って回り、金を借りているすべての人々に見せる
  • 収入の20%を返済用として、これを割合に沿った形で分配することで、返済期間がいつまでかかるかを説明し、納得してもらう
  • 実際には収入の10%は貯蓄し、残りの70%で生活を送る